menu

スチームクリーナーの良い点と悪い点

カーペットの掃除にも役立つスチームクリーナー

スチームクリーナーは、キッチンのコンロや換気扇にこびりついた油汚れを約100度の高温スチームで溶かして拭き取る使用法が一般的なイメージであり、実際に浴室のカビ汚れや洗面所のこびりついた洗剤など硬質な面の汚れ落しには短時間で絶大な効果を発揮します。

その為、スチームクリーナーの種類によってはスティック付きの掃除機の様にフローリングも掃除出来、汚れを綺麗に落とすだけで無く高温スチームでフローリング自体を殺菌しながら綺麗にする事も可能です。

カーペットは、ループ状になっているパイル糸の一端が一次基布と二次基布の間でパッキン剤によって繋ぎとめられ、パイル糸のループが長いほど毛足が長く柔らかな感触を与えてくれ、一般的な掃除機ではパイル糸の根元に当たる一次基布付近のゴミやダニなどを完全に吸い出す事が出来ないのが現状であり、カーペットの上を転げ回る小さな子供のいる家庭では吸い出し切れず残ってしまったダニやノミが大きな問題となります。

現在の住宅は、土壁や床下の空間が自動的に湿度を調整してくれる旧来の日本家屋とは大きく異なり機密性が非常に高く、ダニやノミの生息がし易い環境が整っているとされダニアレルギーやノミアレルギーを発症する子供達が多くなっています。

スチームクリーナーは、掃除機の様にゴミやダニなどを吸い込む機能が搭載されていませんが、高温のスチームでダニやノミ及び細菌などを死滅させて吹き飛ばす事が可能なので小さな子供達がいる家庭ではより衛生的に生活をする為の必需品です。

また、スチームクリーナーは、ママ1人で洗うには相当な労力を必要とするカーペットのパイルに染み込んだ汚れを高温のスチームで落とす事も可能なのでとても便利な掃除器具です。

スチームクリーナーは、高温のスチームが勢い良く噴射されているのでカーペットだけで無く、クッションに厚みのある布製のソファーの汚れ落としやダニの退治にも役立つとして人気となっています。

 

スチームクリーナーでフローリングもきれいにすることができます

近年では様々な機能を持つスチームクリーナーが販売され、家中のいたるところや車など様々なシーンで活用できるようになっています。

スチームクリーナーで掃除をする場所として、よくフローリングが挙げられますが、フローリングは確かに水拭きをするだけではなかなかきれいにすることができません。

スチームクリーナーでフローリングをきれいにしようと思った際に気になることとして、ワックスがはげてしまうということが挙げられます。

もしもスチームクリーナーを使ってフローリングを掃除した時にワックスがはげてしまうようであれば、塗り直すしか方法はありません。

しかしこれはあくまでもうわさで、スチームクリーナーを使ってワックスがはげるということは基本的にはありません。

その理由としてはワックスはスチームクリーナーから出る高温蒸気くらいであれば耐えられるからです。

しかし何年もワックスを塗り直すことがなくワックスが劣化している場合や、ワックスを塗る際に雑に塗っていてきちんとワックスが床に密着していなかった場合には、はげる可能性もあるでしょう。

そしてこの噂の多くの場合に、スチームクリーナーと高圧洗浄機を勘違いしている人も多いようです。高圧洗浄機は水を勢いよくぶつけて汚れを落とすのでワックスがはげてしまう可能性もあるでしょう。蒸気で掃除をしてくれるスチームクリーナーの場合には、このような心配はないので、フローリングの掃除には積極的に活用できます。

中にはボイラー式の発熱で高温スチームを維持できるものも販売されています。ボイラー式の場合には噴出する熱が非常に高温であり、頑固な汚れでも取り除くことができるでしょう。

また一度スチームを出し始めると、そこから2分ほど待機しなければならないものもあり、このようなものを選んでしまうと掃除をしたいと思った時になかなかスムーズにいかずにストレスを感じることもあります。掃除の効率を高めることができるような商品を選ぶことが大切です。

 

スチームクリーナーの便利で役立つ使い方

スチームクリーナーは、本体タンク内で作った水蒸気で汚れを浮かせて掃除をすることができます。

そのため、普通の掃除機や洗剤を使った掃除とは違う洗い方をすることができます。その特徴を理解したうえで、便利で役立つ使い方をいくつか紹介します。

水蒸気で汚れを浮かせることで、簡単に掃除をすることができます。

また、スチームクリーナーに専用のクロスを装着すれば、水蒸気を当てながら直接汚れを除去することもできます。洗剤などを使わなくても汚れを落とすことができるため、衛生的で安心して使うことができます。また、高温になるため除菌の効果も期待できます。

このような特徴があるため、様々な場所で使うことができます。

まずは、キッチン周辺です。ガスコンロ周りの頑固な油汚れはなかなか落ちにくく、大掃除のたびに苦労しているという人も多いでしょう。

しかし、スチームクリーナーを使えば高温の水蒸気は簡単に汚れを浮かせてくれます。同じような油汚れのある電子レンジの内部や床全体、さらには塩素系の洗剤を使うのをためらう流し台や配管の中など、あらゆる場所をきれいにし、除菌をすることができます。

また、リビングでは、カーペットやソファについた食べこぼしのシミに効果を発揮します。

なかなか洗濯できないこれらの汚れも、スチームクリーナーであればきれいにしてくれます。除菌効果があるので、アタッチメントを使って、床全体をきれいにするのもおすすめです。

大掃除の定番と言えば窓のサッシや網戸の掃除です。細い隙間や細かい網目は掃除しにくく、なかなか掃除が行き届かない場所ですが、スチームクリーナーを使えば非常に簡単にきれいにすることができます。特に網戸は、外す必要もなく、高いところや狭いところにある場合でも、無理なくきれいにすることができます。

他にも、浴室や洗面所の湯や壁、排水溝の汚れなどに使うことができますし、カビの除去や防止にも有効です。ぜひスチームクリーナーで快適で健康的な生活を目指してみましょう。


アーカイブ