menu

スチームクリーナーの良い点と悪い点

便利に使えるおすすめのスチームクリーナー

掃除をするときにあると便利なのがスチームクリーナーです。
スチームクリーナーには様々な種類がありますが、普段の掃除におすすめなのがコンパクトタイプのスチームクリーナーです。
コンパクトなので、キッチンなど汚れやすい場所もすぐにきれいになります。

スチームクリーナーは、洗剤が不要です。水だけで頑固な油汚れを落とすことができます。
雑巾で拭いても落ちないベタベタした床の汚れも、スッキリきれいにします。
家の中には目に見えない細菌が数多く存在しています。スチームクリーナーは大腸菌や食中毒菌を約99%除菌できます。

子供がいる家庭では特に部屋を清潔に保つ必要がありますが、高温スチームのパワーで素早く部屋を清潔にします。
最近はスチームクリーナーの性能も高くなり、加熱時間も短くなっています。
花粉やハウスダストなどのアレルギーで悩んでいる子供がいる家庭でも、スチームは大活躍します。

空気清浄機や掃除機だけでは吸い取れない花粉やホコリも、スチームクリーナーがあればきれいに除去できます。
クリーナーには様々なパーツが付いているので、手が届きにくい場所も簡単に掃除することが可能です。
ポイントブラシを使えば、ガスコンロや換気扇など細かい部分も清潔にすることができます。

スリムノズルを使えば、冷蔵庫や証明フードも素早くスチームをかけられます。
クリーナーによってスチームの発生方式は異なります。

パネル式は待ち時間が短いので、普段使うのに便利です。ボイラー式は高温で高圧力のスチームを噴射でき洗浄力が強いのが特徴です。ヒーターによりタンクの中の水が沸騰し、水が水蒸気に変わります。
スチームを使ったクリーニングだと、洗剤などの化学薬品を使わないので赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心です。

スチームは掃除だけでなく衣類のシワのばしにも使えます。洗うことができない布製のソファもスチームをかけることで清潔に保つことができます。
コンパクトサイズであれば、車のシートやチャイルドシートも常に清潔に保てます。

 

スチームクリーナーを購入するときに比較しておきたいポイント

大掃除をするときに、非常に便利なのがスチームクリーナーです。
油汚れや水垢など普通のお掃除方法では落としにくい頑固な汚れも、綺麗に落とすことができます。

あるとお掃除の負担を大幅に軽減できるので、一家に一台は持っておくと良いでしょう。
しかし初めてスチームクリーナーを購入するときには、様々なポイントを比較しなければいけません。

特に加熱方式と形状は性能や使える場所にも関係してくるので、比較するときの最重要ポイントです。
スチームクリーナーの加熱方式には、ボイラー式とパネル式の2種類があります。
ボイラー式は水をタンクに入れて沸騰させる方式で、安定した出力が特徴です。

常にパワフルな蒸気が噴き出すので、しつこい汚れに対しても強いです。
しかしボイラー式は水を沸騰させるまで時間がかかるのがデメリットで、使いたいときにすぐに使えません。

お掃除の途中で水がなくなると数分待たなければいけないので、使い勝手が悪く感じることもあります。
パネル式はボイラー式よりパワフルさでは劣るものの、使用できるまでの待ち時間が短いのが特徴です。

加熱方式の違いは性能や使い勝手に関わってくるので、購入後の使い方を考えながら選びましょう。
スチームクリーナーの形状は、コンパクトタイプとラージタイプの2種類が基本です。

コンパクトタイプは日本で人気があるスチームクリーナーの形状で、近い場所の汚れを落とすのに向いています。
例えばキッチンのコンロやシンクに使うには最適で、お掃除の面倒な換気扇にも使用可能です。

ラージタイプは床のお掃除をするときに向いてている形状で、一般的な掃除機のように使うことができます。

また本体からホースなどを取り外すことによって、コンパクトタイプに変えることができるスチームクリーナーもあります。
このようにスチームクリーナーは形状によって向いている場所が異なるので、購入した後に掃除したい場所を考えながら比較しましょう。

 

スチームクリーナーでカビ汚れに挑戦する

カビとりう専用の洗剤を使うこともあると思います。しかし、臭いが気になりながら、服が漂白されないいないかや塩素ガスで換気完全にできているのかという不安もあります。カビ取りにとても重宝するのが、スチームクリーナーを使用すると驚くほどにとれることがあります。

ジェルタイプの洗剤や泡対応の洗剤などたくさんの製品が登場しています。その中で、スチームクリーナーは、蒸気で、熱を与えながらブラシを当てると、タイルの目地やパッキンなどから黒い汁がながれてとれていれて快適な気持ちがすぐにわかります。

蒸気にて掃除を行うため、人体への影響も極めて少ないといえます。

お湯と勢いで汚れやカビをとっていくため、注意店としては故意に機械からでている蒸気には触れないようにするということです。触れたからと何かの副作用があるというわけではないですが、勢いが洗面台などで蛇口から水を出す力とは違いがあります、きれいな皮膚を守るためにもしておいていい事項です。

洗剤とは違い、自然なお湯を使用するので、赤ちゃんの用品にも使えるところもポイントです。

洗剤を使うと、匂いや不安な要素もありますが、それをなくしてくれます、体にやさしい製品であるため、気になる汚れを何回も掃除しても影響がないためスチームクリーナーでカビ予防にもつながります。掃除は細目にしたい希望がある人でも安心して使用することができます。

スチームクリーナーを使用しながら、もう片方の手でブラシなどを使って掃除をすると、さらに汚れが落ちてきます。

今まで以上に細かい汚れも落とせていけます。どうしても落ちにくい汚れの場合は、薄めた洗剤をスチームクリーナーに入れて、使用するだけでカビや汚れを分解してくれます。

洗剤も薄めたもので落ちていくため、原液の洗剤を使用するよりもとても安心して使えます。機械本体の大きさも大きすぎず、軽量のものが多いです。手などの負担も軽く優しい商品だといえます。


アーカイブ