menu

スチームクリーナーの良い点と悪い点

カビ掃除にスチームクリーナーを使うメリットとは

カビ汚れは除去するのに手間がかかります。スポンジで擦るのも何回も繰り返さなければいけませんし、実際そうすることで素材に細かい傷がつき、カビ汚れを再発させやすくなるそうです。

そこでスチームクリーナーを使うと、カビ汚れを楽に、安全に除去することができます。スチームクリーナーは100度近い高温の蒸気によってしつこい汚れを落とすことができる掃除機器ですが、湿気を格好の増殖材料とするカビにとって逆効果とならないのは、スチームクリーナーから出る高温の蒸気は素材に根付いた頑固なカビ汚れを浮かすことで格段に除去しやすくしてくれるからです。

そのためスチームクリーナーで蒸気を当てた後はさっと拭うだけで大抵は落ちるため、スポンジでゴシゴシ擦る必要はなくなり、カビ取りにかかる労力は格段に減ります。

そしてスチームクリーナーは、使用するのは水だけで洗剤や医薬品といったものは一切使用しないので非常にエコです。

さらに高温のスチームでカビの菌を殺菌することができるので除菌効果も得ることができます。

サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などの菌類を除菌することができるので、定期的にスチームクリーナーを使用することによってカビを取り除くだけでなく、除菌効果によってカビの繁殖を抑えることができるのです。

カビというものは湿気の多い台所や風呂場などに主に発生しますが、綿布をあてた時の蒸らし効果によってカビ菌をしっかり取り除くことができるので梅雨時期などにカビの発生部分に照射することでカビ対策をしっかりと行うことができるというメリットがあります。

また、擦って落としたカビ汚れは再発してしまう可能性がありますが、スチームクリーナーが原因でカビが生えることはありません。

しっかりとした機種のスチームクリーナーの蒸気はスチーム発生直後からどんどん蒸発していくため、蒸気の残った水でカビが発生するということは無いのでカビ再発に対しても安心できます。

 

キッチンの油汚れにはスチームクリーナー

キッチンは毎日利用するところですので、どうしても汚れてしまう場所のひとつであるとも言えるのではないでしょうか。

キッチンでの汚れは料理の時に出てしまうのですので、肉や野菜、魚や調味料による汚れや調理時の油がはねてついてしまったものなどさまざまなタイプの汚れとなります。

特に調理時の油はねでついてしまったものは、飛散してしまっているため広範囲についてしまうことも多いもので、気が付かないうちにあちこちに汚れが出てしまうこともありえます。

さらに時間が経ってしまうと、ふきんで拭いただけではなかなかきれいに拭き取るすることが出来ず、掃除に苦労することもあるでしょう。このような油汚れなどで掃除が大変な場所に利用することができる便利な掃除道具のひとつとしてスチームクリーナーがあります。

スチームクリーナーとは、高温の蒸気をふきかけて掃除をするもので洗剤を使わずに汚れを落とすことができるものです。

洗剤を利用しないため、キッチンといった食事を作る場所でも安心して利用することが可能となります。

さらに、スチームクリーナーを利用すれば油汚れを直接手でこすることでべとべとになることや、こすりすぎて表面を傷つけてしまうといったことも予防することが可能となります。

キッチンでは、例えば換気扇など滅多に掃除をしない部分には、油やそのほかいろいろなタイプの汚れがこびりついており、汚れを落とすことに時間がかかることや、テクニックや体力が必要となる場合もあります。

また電子レンジや魚焼き機、オーブンといった箇所も、食材を直接的に置く場合もあるため洗剤の利用には気を付けたいところです。

汚れが固くこびりついてしまうことも多く、さらに掃除がしづらい部分でもあります。

このように掃除が大変な部分が多いキッチンでは、高温の蒸気で一気に汚れを落とすことができ、さらに洗剤を使わずにすむため安心して利用できるためスチームクリーナーを活用する場面は多いと言えます。

 

大型スチームクリーナーの方が高評価

スチームクリーナーとは普通の掃除機とはかなり根本的に異なるものです。

普通の掃除機は空気を吸引することでゴミを吸い取りますが、スチームクリーナーは高温にした蒸気を吹き出すことでしつこい汚れを浮かして落とそうとするものです。

吸い取るか吹き付けて浮かすかという正反対の意味があるのに加えて、単に空気を吹き付けるわけではなく高温の蒸気を吹き出すという違いがあります。

もちろん蒸気は無から得られるはずはありませんから、本体内には水を入れるタンクがあり、その水を沸かして蒸気を得る仕組みになっています。

このような仕組みを持つスチームクリーナーですが、一般的な掃除機と同じくスティック型のものとキャニスター型のものとに大別されます。

どちらも一長一短あるのは一般的な掃除機と同じなのですが、しかし全体としてみると大型のスチームクリーナーのほうが高い評価を得ていることが多いです。

その理由は、一般の掃除機でも当てはまることなのですがスチームクリーナーの場合は特に威力、出力が重要になるという背景があります。

一般の掃除機でも、小型のハンディタイプの掃除機に、大型の掃除機と同じような吸引力を期待するのはおかしいとすぐに分かるでしょう。

小型の掃除機はちょっとしたところを簡単に掃除するのに向いているのであって、強力に掃除をしたい場合には大型の掃除機のほうがゴミをしっかりと吸い取れるのは当然です。

スチームクリーナーの場合も全く同じことが当てはまります。さらに、一般の掃除機とは異なって、単に空気の力だけが重要なわけではありません。

水を沸かして蒸気にして吹き付けるという仕組みもあるわけですから、その分にもエネルギーが必要なことは当然です。

小型のものはどうしてもパワーに限界があり、頑固な汚れを浮かせるに十分な量の蒸気を、十分な勢いをつけて吹き出すことが難しくなってしまうのです。

ですから、どうしてもパワーに余裕のある大型スチームクリーナーに高い評価が集まることになります。


アーカイブ