menu

スチームクリーナーの良い点と悪い点

紙パック不要でエコに使えるスチームクリーナー

スチームクリーナーはもはや定番の掃除グッズのひとつとなっています。種類も数を増し様々なタイプで掃除を行うことが可能です。最大のメリットは強力なスチームによる掃除が行えることですが、その他にも紙パックが不要なためにエコに使えるという魅力も備えています。

掃除機によっては紙パックが必要で、基本的には使い捨てですので消耗品として用意していかなければいけません。金額としては5枚入りで500~800円程度の物が多いですが、これを繰り返し購入するとなると小さくない負担になり得ます。

一方のスチームクリーナーは、そうした消耗品を必要とせず使うことが可能です。

水を入れるだけで良いためコストがかさむ心配がありません。

タイプによっては掃除パッドが必要になるものの、1枚あたり200~300円程度で買うことができ、何度も繰り返し洗って利用することができます。複数枚を持っておくことでローテーションを組んで使うことができますから、パッド自体の傷みも軽減させられ長持ちします。一度パッドを購入すれば小まめに買い替えをする必要もなく殆ど消耗品代は掛かりません。

そして肝心の掃除効果もスチームクリーナーは優れています。掃除機の場合はゴミを吸い取るだけの効果に留まりますので、付着した汚れについては対処することが難しいです。

その点、スチームクリーナーはほこりをしっかりと取り除きつつ、こびり付いた汚れも同時に除去することが可能です。例えば子供が床に落書きをしてしまった場合でも、掃除をしながら一緒に消してしまうことができます。

さらには用途が広いのもスチームクリーナーならではの良さでしょう。キッチンや窓、お風呂場など、掃除機では対処できない部分の汚れにも活躍します。

しかも強力に汚れと落とせるため、油やカビなどへの対策としても打ってつけです。エコに使える上に掃除効果も優れたアイテムですので、掃除の質もまるっきり違ったものになるでしょう。

 

スチームクリーナーで殺菌をしよう

毎日きちんと掃除機をかけて掃除をしているような人であっても、隅っこのほうや固くこびりついた汚れというのは落ちないものです。

そしてそういった拭い取れないような汚れがあるのであれば、殺菌作用もかねてスチームクリーナーを利用すると良いです。

力いっぱいこすらなくても汚れが取れることも多いです。特に見えない部分や湿気が溜まってしまう部分であれば菌が繁殖して健康被害にも影響してしまうことがあるものです。ですからそうした悩みを改善するためにも家庭で手軽に使えるスチームクリーナーを購入してみましょう。

家庭用のスチームクリーナーのメリットは、力があまり出ない女性でも使いやすいということです。

いつものお掃除の片手間でも出来るので、掃除に時間をかけることができないような人にも安心です。

取れない汚れはクリーニング業者に依頼するという人もいますが、気になる場所は一部分だけであれば、何とか自分で解決したいとも思うものです。

なのでスチームクリーナーで対応してみましょう。ですがスチームクリーナーも製品によってスチームの出方が違うということもありますし、重さも違うので実際に手に取ってみて使い心地の良さを感じてみても良いです。

スチームクリーナーのスチームの威力があまりにも強いものであれば騒音にもなってしまうので注意が必要です。周りに迷惑にならないような時間帯を選ぶようにもしましょう。

また、自分の家に収納しておくのに邪魔にならないようにおいておけるのか、ということも重視してみるとよいものです。

目に見えるところに置いておくと使いたい時にすぐに使うようにもなるので良いです。そうすることによって使う頻度も多くなることが多いものです。

また、日本製だけでなく外国製も良いものはあります。

外国では土足で家に中に入るようなことも多いので日本の住居よりも汚れやすいということも多いです。

ですから洗浄効果の高いものを選ぶようにもしましょう。

 

多くの場所に使える便利なスチームクリーナー

機械の中で作った高温の蒸気を吹き付けて、様々な汚れを落とすことができるのがスチームクリーナーです。

高温に合わせて噴霧口を汚れに近づけると高い圧力で蒸気が当たるため、汚れが浮いて落ちやすくなるメカニズムです。

使用できる場面が多く、頑固な汚れが多い台所周りはもちろん、浴槽やベランダのサッシに車など日常生活で溜まった汚れの多くはスチームクリーナー一台で全て落とせてしまうかもしれません。

スチームクリーナーはいろいろなメーカーから販売されていますが、大きさはコンパクトなものが多く、2台目の強力掃除機といった感覚で所有できます。

タイプも掃除機と同じように本体からホースが伸びたオーソドックスなものの他、持ち運びが楽なハンディタイプもあります。ハンディタイプを選択する際は、水を入れた部分も持つため重さが出るという点に気を付けてください。

大体どの製品にもオーソドックスノズルの他にブラシなどのアタッチメントが付属していて、これが使用できる場面を増やしてくれます。

また専用の洗剤が同時に販売されていることも多く、蒸気だけでは落とすことができない強い汚れでも、これと合わせて使用することで大抵は洗浄可能です。

スチームクリーナーは、特殊な薬剤ではなく基本的には水だけが使用されるということが大きな特徴です。洗浄した後に薬液が残る心配がなく、子どもが触れるような場所でも気兼ねなく使用できます。使えないかどうかも、高温と水に弱いことだけを検討すれば良いだけなのでシンプルです。

フローリングの水ぶき代わりや、車のシートにも使用できます。さらに高温の蒸気ということを活かして、ソファなどに使用するとダニ退治としても役立ち、カビの予防にもなります。

たわしなどで必死に擦っても落ちないような汚れも、スチームクリーナーであればなぞるだけで吹き飛んでしまいます。

家庭に一台置いておくと時短と労力の節約に繋がる非常に便利なアイテムです。


アーカイブ